業務に応じた個別の料金を簡単に把握

業務に応じた個別の料金を簡単に把握

会社の業務で使用する携帯の管理を一括にすることができるのが個人契約の携帯にはない法人携帯のメリットですが、同じ会社の業務であったとしても、利用スタイルが異なる場合があります。つまり、労働者や部署、業務内容などによって、携帯の使用量、使用方法が変わってくるのです。そのため、すべての労働者に同じプランやオプションの携帯を支給すればいいというわけではなく、労働者や部署、業務内容などによって、プランやオプションを見直していく必要があります。

業務ごとに応じた最適な設定は、法人携帯の導入後に調整していくことが多いと思います。というのも、初めから利用スタイルというのはわかるものではなく、導入後に明らかになる携帯の使用量、使用方法を参考にして、最適な設定というものがわかってくるものだからです。

たとえば、今月の利用明細を確認してみたら、意外な部署で通話料がたくさんかかっていたということもありえるわけです。そのことがわかれば、その部署や労働者に対して、調整を施すことができるので、プランやオプションを無駄なく設定することができます。

法人携帯のメリットを発揮するには、このように労働者や部署、業務内容ごとの把握が必要です。

    Copyright(C) 法人携帯を利用してみよう! All Rights Reserved.